現在位置:

お知らせ

札幌市で公開意見交換会に参加しました

2013年12月13日(金)、札幌市自立支援協議会就労支援推進部会が主催する公開意見交換会に当社の社員がメンバーとして参加しました。

今回の意見交換会は、障がい者の職域開拓に関する研究において、全国的な先駆者でいらっしゃる、特定非営利活動法人障がい者就業・雇用支援センターの秦政理事長をお迎えし、「送り出す側に今求められていることとは」をテーマに行われました。

会には就労支援機関・行政・企業など様々な立場の方が集まり、「送り出す側」と「受け入れる側」双方の状況や悩みなどを共有し、就労につなげるための活発な意見交換が行われました。

NTTクラルティは今後も就労支援機関・行政と連携して、障がい者雇用の推進に取り組んでまいります。

当日の意見交換会会場。30名ほどがあつまり、代表の7名が発言をしました。 発言をする当社の社員