現在位置:

お知らせ

【CSR活動】三鷹市立第七小学校にて「目で聴くコミュニケーション研修」を行いました

10月23日(金) 、三鷹市立第七小学校において、聴覚障がいについて学ぶ「目で聴くコミュニケーション研修」を行いました。

4年生の児童のみなさん50名を対象に、聞こえない体験や講義、手話の体験を実施し、聴覚障がいについての理解を深め、多様なコミュニケーション方法を学んでいただきました。 

社員が聴こえないことについての講義をおこなっている様子社員が聴こえないことについての講義をおこなっている様子

【児童からの感想】

「聞こえない人は、普段、誰かに伝えるのが難しいんだなと分かりました。困っている人を助けたいです。」

「本当に私が耳が聞こえなかったら、自分の気持ちを伝えにくくてさびしいです。耳が聞こえない人とコミニケーションをとれたらいいなと思いました。」

 このような感想をたくさんいただきました。

 

また手書きの心のこもったお手紙をたくさんいただきました。

お手紙の表紙いただいたお手紙①いただいたお手紙②いただいたお手紙③いただいたお手紙④いただいたお手紙⑤いただいたお手紙⑥いただいたお手紙の裏表紙

 

NTTクラルティでは、CSR活動の一環として、障がい理解を深める活動を今後も継続して行っていきます。

目で聴くコミュニケーション研修についての詳細は以下のリンクよりご覧ください。

http://www.ntt-claruty.co.jp/business/sitecheck.html