現在位置:
  • トップページ>お知らせ>
  • 「『電子書籍アクセシビリティの研究』公刊記念シンポジウム」において当社社員がパネリストを務めました

お知らせ

「『電子書籍アクセシビリティの研究』公刊記念シンポジウム」において当社社員がパネリストを務めました

平成29年1月30日、東洋大学白山キャンパスにおいて、「『電子書籍アクセシビリティの研究』公刊記念シンポジウム」 が開催され、当社社員がパネリストを務めました。

このシンポジウムは、『電子書籍アクセシビリティの研究』(松原聡 編著)が 東洋大学出版会より公刊されたことに伴い開催されたもので、電子書籍のアクセシビリティに造詣の深いパネリストが、現状や課題、その実現に向けた提言などについて、プレゼン及びパネルディスカッションを行いました。

当日は大学生を含む約70名の方が聴講され、質疑応答も活発に行われました。そのうち、全盲の大学2年生からは、卒論制作にあたり参考文献を読むにはどのようにしたらいいのかなど、視覚障がい当事者ならではの質問もあり有意義な時間となりました。 

写真:パネリストの方々が登壇されている様子