社員インタビュー

NTTクラルティの社員はどんな業務を行い、また、どんな環境の中で働いているのでしょうか?
実際に働く社員の声を聞けば、その答えはわかります。
お互いに助け合いながらいきいき働く社員の姿から、あなたの輝く未来を想像してみてください。

営業部 アクセシビリティ推進室

営業部 アクセシビリティ推進室

池松塑太郎

2012年4月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答大学時代、就職活動をしていた際に大学の就職支援担当から紹介されたのがきっかけです。私には視覚障がいがあり、視力はほぼ全盲ですが、同じような障がいがある社員がすでに何人も活躍しており、キャリアアップをしているというところが魅力でした。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答ウェブサイトのアクセシビリティ診断(サイト上にあるバリアを発見し、改善方法を提案する業務)や、製品・サービスのバリアフリー化支援のためのコンサルティング、障がい当事者の目線を活かした各種障がいに関する研修の講師など、幅広い業務を担当しています。どの業務も、障がいがあるからこそできる内容で、やりがいをもって取り組んでいます。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答設備などハード面はもちろんですが、ソフト面(人)のサポートがとても充実していると感じます。特に、様々な障がいがある社員が働く職場ということで、自然にお互いをサポートしあう空気ができていると思います。たとえば、私は紙資料を読むことができないのですが、聴覚障がいのメンバーが代わりに内容を確認して、パソコンに打ち込んでくれたり、逆に電話ができない聴覚障がいのメンバーの代わりに、視覚障がいのメンバーが電話で問い合わせをするなど、お互いをサポートしあう風景がよく見られます。障がいがあると、サポートされることが多く、なかなか人の役に立つという実感が感じられないこともありますが、クラルティでは誰かの役に立っているという実感を得ながら働くことができています。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答障がいがあっても様々な仕事にチャレンジできるところがクラルティの大きな特徴だと思っています。なので、これからもっともっと業務の幅を広げて、「この人に聞けばなんでもわかる!」といわれるような、そんな人になりたいと思います。

営業部 健康保険事務センタ

営業部 健康保険事務センタ

浅見慶光

2016年10月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答最初は、ハローワークの求人検索にて長年携わってきたDTP関連の事務職で探していたところ、クラルティの「書籍等のPDF化業務」の募集を見つけ、DTP作業での経験が活かせると思い応募しました。応募後に、「新しい事業である健康保険事務センタを開設するのでチャレンジしてみないか」という提案を受け、挑戦してみようと思い入社しました。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答NTT健康保険組合からの受託業務のうち、被保険者証(保険証)再交付業務や限度額適用認定証業務をしています。主な担当は保険証を失くされた方からの問合せ応対や再交付申請書の受理及びシステム投入、保険証の発行処理等、PCを使用した業務を行っています。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答私はこれまで健常者として社会経験をしてきましたが、障がい者となって共に働く事自体がクラルティに入社して初めての経験でした。クラルティでは社員同士の協力体制やコミュニケーションが取れていると思います。私自身受話音量増幅器の貸与や補聴器が拾う様々な不快音に対する配慮をしてもらっており、作業をしやすい環境になっていると思います。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答健保事務に関わる事務業務に携わったのは初めてですが、まずは与えれている業務を楽しみながら把握していき、限度額適用認定証をはじめとする他の資格担当業務や健保事務センタ業務全般の把握を目標とし、様々な業務に対応できるようになりたいと思っています。

営業部 オフィスマッサージ担当

営業部 オフィスマッサージ担当

清水清美

2016年1月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答私はマッサージ師の国家資格を取得して治療院などに勤めていましたが、新たに就職先を探す事になった時、以前に比べ健常者の有資格者が増えたため、経験があってもなかなか採用してもらえませんでした。ハローワークはあまり利用したことがありませんでしたが、知人から「障がい者枠で探せば色々あるよ」と聞き紹介していただきました。会社員の経験はあまりなかったのですが、収入が安定している所や福利厚生がしっかりしているところが魅力的だったので応募しました。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答グループ会社の社員の皆様に福利厚生施設として利用していただく「リラクゼーションルームRiang(リアン)」でオフィスマッサージを行うヘルスキーパーです。お客様の健康維持はもちろんですが、より元気な心と体で仕事に臨めるようお手伝いをさせていただいています。武蔵野・厚木・横須賀の各研究所に常設している他、ご契約をいただいているNTTグループの会社に行って行う出張施術もあります。私は出張施術の担当をしています。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答出張施術を行う派遣先でも私達が安全で働きやすいようにと、点字ブロックの設置・パソコンの読み上げソフト設定・拡大文字の使用などヘルスキーパーの目の状態に合わせて様々な配慮をして下っています。また、各拠点にはサポートスタッフがいるので、安心して仕事に取り組むことができています。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答グループ会社の中でもっとオフィスマッサージを知ってもらい、たくさんの人に利用していただく事が出来たら、ヘルスキーパーの雇用も増やせるのではないかと思います。「マッサージは視覚障がい者の仕事」と言われていた時代に比べ、現在は就職が厳しい状態になっていますので一人でも多くの人と一緒に働けたらなと思います。また、技術も向上させ、お客様にとって「疲れたと思ったらリアンに行く」という絶対的な存在になれたらなと思います。

フロントサービス部 東京料金問合せセンタ

フロントサービス部 東京料金問合せセンタ

久積琢也

2012年3月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答知人の紹介で、障がい者の転職支援会社に登録をしたことがきっかけです。自分の希望と、支援コーディネーターの考えを合わせたところ、このNTTクラルティに出会いました。コールセンター業務の経験を持っていたため、支援コーディネーターも熱心に後押しをしてくれました。また、何より通院に対する配慮が十分と感じたため、応募を決めました。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答私は、NTT東日本の各種料金に対するお問合せ窓口のフロントリーダー業務に従事しています。現在は生産性マネジメント・応対品質マネジメントを勉強中です。今までにマネジメントの経験がなかったため、直属の上司から丁寧に指導をしていただき、日々、新たな発見をしています。その他に、電話応対コンクール出場者への指導にも携わっています。また近年の通信事業界は多様化・複雑化されて分かりづらいせいか、お客様の数だけ様々な考え方があります。時には責任者としてお客様のご意見をじっくり伺うこともありますが、「よく分かったよ、ありがとう」と言っていただけた時はとても感動しますし、この仕事をやっていて良かった!と思います。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答私自身は月2回の通院を許可していただいています。マネージャーや一緒に働く仲間たちからも理解があるので、特別なことではなく、ごく普通に通院をしながら働けていることが、とてもありがたいです。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答将来は企画や社外向けの広報活動に携わり、自信をもって自分の会社を紹介したいと考えています。また一緒に働く仲間に対して、いつも「ごめんね」と「ありがとう」を素直に言える人間でありたいと思います。

フロントサービス部 神奈川料金問合せセンタ

フロントサービス部 神奈川料金問合せセンタ

細谷智宏

2010年4月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答前職では製造関係(商品開発・製造・販売)の仕事をしていましたので、その経験を活かせる職場を考えていましたが、ハローワークの担当者の積極的な勧めもあり面接を受ける事にしました。コミュニケーターという職業の経験がなく不安でしたが、しっかりとした研修を経てデビューできる点、デビュー後もスーパーバイザーによるフォロー体制があると伺い、安心して働ける職場だと感じました。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答コミュニケーター、インストラクター、スーパーバイザーを経て、現在は企画担当で業務にあたっています。主な業務内容は、各種データの取りまとめや報告、端末やネットワークの管理、情報セキュリティ関連業務、センター内で行うイベントなどの企画立案を行っています。特に力を入れているのは、「神奈川センターホームページ」の運営です。コミュニケーターの皆さんが欲しい情報をタイムリーに提供できる様、日々アンテナを高くして情報収集を行っています。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答制度面、設備面において、障がいに対しての配慮がある職場だと思います。設備面では、車いすの社員もおりますので、車いす用トイレや自動ドア、屋根つき駐車場などが完備されています。また、日々の困りごとについては、管理者や障がい者職業生活相談員の資格を取得した社員が相談にのってくれるので安心です。私は左上肢欠損のため、細かいところに色々と不都合があるのですが「足りないところは、みんなで補う」が当たり前になっている職場なので、気兼ねなくお願いができます。また、私自身もお願いされた時には快くお手伝いをしています。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答私の目標は障がいと向き合いながらしっかりと就業する事、センターの年度目標を達成する事です。障がいにより仕事の早い遅いはあるかと思いますが、仕事をする上での責任は、障がい者も健常者も同じです。自身に与えられた仕事に責任を持つのはもちろん、センターの目標が達成できる様、メンバーの支援をしていきたいと思います。一人の社会人として、センターの一員として頑張っていきます。

北海道サービス運営部

北海道サービス運営部 札幌設備センタ

井口大輔

2016年10月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答就職活動中に就労移行支援事業所の担当スタッフの方に教えていただき知りました。通っていた事業所から何人かの方が就職されていて、間接的にではありますが障害に対する理解も配慮もある会社だという話しを伺っていたのと、面接時に障がいに対する配慮についての説明を聞き、心の負担が少なく働いていけると感じ入社を決めました。また、正社員採用もやはり魅力的でした。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答電柱やマンホール等の電気通信設備工事記録写真を専用システムに登録する業務を担当しています。写真登録業務は、工事関係者が工事をする際に必要な情報を見る為のデータベースを維持管理する一端を担っているので、正確な情報を提供できるよう積極的なデータ整備に取り組んでいます。初めは何の話をしているかわからないといったことも多くありましたが、知識を増やしていくことで対応できるようになり、まだまだ経験も知識も不足していますが、自分の成長として感じ取れるのが仕事の遣り甲斐です。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答管理者との定期的な面談に加え、産業医、保健士、産業カウンセラーなど何かあった時に相談できる窓口が複数あり、心と身体の両面をフォローしてもらえる体制が整っているので心強いと感じています。また、現在も以前通っていた就労移行支援事業所とも連携を取っていただいており、広く沢山の方にバックアップしてもらっています。何より共に働く同僚の皆さんが気にかけて話しかけてくれることや、質問に対しても優しく教えて頂けるなど、温かい心遣いが有難いです。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答札幌設備センタ自体、新たにスタートしたばかりの部署なので設備センタの発展と共に試行錯誤を繰り返しながら自分も成長し貢献していくことが目標です。また知識と経験を積み重ね設備センタ業務の全てに携われるくらいの人材になれたらと思っています。札幌設備センタのモットーでもある『明るく、元気に、品位を持って』を心がけ頑張っていきます。

北海道サービス運営部 サービス推進担当

北海道サービス運営部 サービス推進担当

柴田真菜

2015年4月入社

質問この会社をどのように知りましたか?

回答障がい者雇用をしている会社をインターネットで検索していて知りました。これまでは一般雇用で障がいを隠して働いてきましたが、それが理由で困難にぶつかることが多かったため、障がいを知ったうえで採用していただけるというのは心強かったです。また、フルタイムで働いて自立したいという気持ちがあったので、正社員として働けるという点でも魅力を感じ、応募しました。

質問あなたが担当している仕事について、説明してください。

回答私が所属しているサービス推進担当では、名刺作成業務、紙資料の電子化業務、総括業務の3つの業務を主に行っています。名刺作成業務では、お客様情報を専用ソフトに登録し、レイアウト作成から印刷とカット、検品から納品まで、全ての工程を行います。デザイン校正や納期の調整等、お客様と電話やメールでやり取りをする機会がとても多い業務です。紙資料の電子化業務では、お客様からお預かりした文書をPCに取り込んでデータ化し、DVD等の記録媒体で納品します。お客様ごとに希望の仕様が異なるので、スキャナの設定を変え、きれいな画質で読み込めているか、ページ漏れはないか等、細かなチェックを行っていきます。どちらも個人情報を扱っているため、セキュリティを常に意識しながら業務にあたっています。

質問社内のフォロー体制について、どう思いますか?

回答困ったとき周囲に相談しやすい環境です。また、上長との面談が定期的にあるので、日々の業務に対してしっかりフィードバックしてもらえるというのも、モチベーションに繋がっています。障がい特性上、出来ないことをサポートしてもらえるだけではなく、出来ることを増やせるようなフォローもしていただいていると感じますので、「成長したい!」「スキルアップしたい!」という方にはとても合っていると思います。

質問あなたの今後の目標について、教えてください。

回答2つの目標があります。ひとつめは、現状のやり方に囚われず、業務改善を積極的に行うことです。そのために、広い視野を持ち発信力や提案力を身に付けていきたいです。ふたつめは、周囲をサポートできる人になることです。自分の担当業務をこなすだけではなく、周りの状況にも意識を向けて、声掛けするように心掛けています。初心を忘れず、新しいことをどんどん吸収してスキルアップしていきたいです。

連絡先:採用担当/丸山 TEL:0422-50-8345 FAX:0422-51-8349