現在位置:

サステナビリティ(持続可能性)

 NTTクラルティでは、多様な障がいのある社員がICTを活用して働いています。そこには、私たちだからこそ、気づくこと、できることがあり、それらを強みとして活かすことができるさまざまな事業を展開しています。
 社員自身もお互いに助け合いながら、そして工夫しながら業務を行っています。

 また、NTTは、これまでのCSR憲章を再構築し、新たに「NTTグループサステナビリティ憲章」を制定しました。

 本憲章に基づき、NTTグループは、高い倫理観と最先端の技術・イノベーションを可能とするIOWN構想の推進をはじめ、「企業としての成長」と「社会課題の解決」を図り持続可能な社会を実現するための各種取り組みを推進していきます。
 NTTクラルティも、「NTTグループサステナビリティ憲章」の3つのテーマと9つのチャレンジに対し、当社として30の重点活動項目を制定しました。

 私たちNTTクラルティは、NTTグループの特例子会社として、障がい者の雇用と社会参加を推進し、「Self as We(「われわれ」としての「わたし」)」という考えを基本に据え、多様な個性を認め合い支え合って力を発揮し、クラルティならではの企業価値を生み出していきます。
そして、誰もが豊かに安心して暮らすことができるサステナブル(持続可能)な社会の実現をめざしていきます。

 

 【NTTグループサステナビリティ憲章とクラルティの重点活動項目】

NTTグループサステナビリティ憲章では
3つのテーマに対し、各テーマに3つのチャレンジ(計9個)を設定している。
また、各テーマに9~11個の重点活動項目(アクティビティ)を設定している。
重点活動項目(アクティビティ)は全体で30個ある。
そのうち8個はNTTクラルティ独自の重点活動項目(アクティビティ)である。

テーマ1「自然(地球)」との共生
チャレンジ1 社会が脱炭素化している未来へ
チャレンジ2 資源が循環している未来へ
チャレンジ3 人と自然が寄り添う未来へ
重点活動項目、このテーマでは9個、★から始まる項目はNTTクラルティ独自のもの
以下、重点活動項目
1.省エネルギーの推進
2.★再生可能エネルギーの利用拡大
3.★カーボンニュートラルに貢献する新商品・新サービスの提供
4.★リデュース・リユース・リサイクルの推進
5.プラスチックの利用削減・循環利用の推進
6.有害廃棄物の適正な処理、保管・管理徹底
7.水資源の適切な管理
8.環境アセスメントの徹底
9.生態系保全に向けた貢献 テーマ1は以上。

テーマ2「文化(集団・社会~国)」の共栄
チャレンジ1 倫理規範の確立と共有
チャレンジ2 デジタルの力で新たな未来を
チャレンジ3 安心・安全でレジリエントな社会へ
重点活動項目、このテーマでは10個、★から始まる項目はNTTクラルティ独自のもの
以下、重点活動項目
1.自らの倫理規範の確立と遵守徹底
2.コンダクトリスクへの適切な対応
3.コーポレートガバナンス・コンプライアンスの強化徹底
4.ビジネスパートナーとの高い倫理観の共有
5.★グループ会社と連携しB2B2Xモデルの推進に貢献
6.知的財産の保護と尊重
7.地方社会・経済の活性化への貢献
8.サービスの安定性と信頼性の確保
9.情報セキュリティ・個人情報保護の強化
10.リモートワークを基本とする分散型社会の推進 テーマ2は以上。

テーマ3「Well-being」の最大化
チャレンジ1 人権尊重
チャレンジ2 ダイバーシティ&インクルージョン
チャレンジ3 新しい働き方・職場づくり
重点活動項目、このテーマでは11個、★から始まる項目はNTTクラルティ独自のもの
以下、重点活動項目
1.NTTグループ人権方針の尊重
2.社会全体への人権尊重の働きかけ
3.★障がい者活躍の推進及びノーマライゼーション社会、共生社会の実現に向けた貢献
4.多様な人材の採用・育成・教育及び女性活躍の推進
5.★LGBTQへの理解醸成
6.仕事と育児・介護の両立支援
7.★社員が安心して長く働ける職場環境の推進
8.リモートワークの推進
9.★社員の健康と安全の保持、推進
10.自律的な能力開発の支援
11.紙使用の原則廃止 テーマ3は以上。

 

(PDF形式のファイルをご覧になるためには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから